結婚前と同じように働きたい!

仕事を辞めなくても工夫次第で両立は可能!

家庭と仕事を両立させるために必要な工夫

結婚した女性が家庭と仕事を両立しようとした場合、家事の負担が大きなネックになりがちです。
女性としては夫と自分で等分に家事を負担し、家庭を切り盛りして行きたいと思いがちですが、男性が動いてくれないケースがあるのです。
家事は女性がやるものと言うイメージを抱いている男性とは良く話し合う必要がありますが、特に料理や洗濯ができない人であれば時間をかけて状況を改善する必要があります。
まずは、仕事をしながら子育てや家事をこなすのがどれだけ負担が大きいかという事を分かってもらいましょう。
そして家事を手伝う気があるなら、優しく教えてあげましょう。
ポイントは、手伝ってもらったらすぐにお礼を言う、雑でも文句を言わない事です。
それでもご主人が家事をしなかった場合、女性一人ではとても無理なので、その場合は外部サービスを利用して家事を行うと良いでしょう。
ハウスキーパーを使えば定期的に家を掃除してもらえますし、料理は出来合いのものを毎日宅配してくれる業者が存在しています。
共働きであれば経済的に余裕が持てますので効率的に活用しましょう。
また、もう少し違った方法は、両親との同居を考えてみる事です。
実の両親であれば心打ち解けていますので一緒に暮らす上で負担になる事がありません。
また、育児と仕事を両立させる上で保育園は欠かせませんが、一方で日本の保育園は待機児童が多くすぐに入園できるわけではないのです。
こうした問題を一挙に解決する上でも両親との同居はメリットが大きいのです。
場合によっては両親が家事を肩代わりしてくれる事もあるのです。
このように、いろいろな方法を使って負担を減らし、家事と仕事を両立できる主婦を目指しましょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です